先日、査定表を確認して落胆しました。俺の車はこれくらいの価値

先日、査定表を確認して落胆しました。
俺の車はこれくらいの価値なんだと気付きました。

アマチュアとは違い、チェックがあちらこちらに組み込まれていました。
落胆してしまったので、よその買取店にも査定をお願いしたのですが、だいたい同じ内容でした。

個人売買の場合にはトラブルが起きやすいですが、車査定だとトラブルの心配はありません。個人売買を選んだ場合には、車を渡したのに、代金を払ってもらえなかったり、代金を支払ったのに車の納品がされないという問題が考えられます。売却が終わった後に購入者からクレームがきたりする例も珍しくありません。中古車を売買しようとするときに、多くの業者に出張査定依頼をして、皆一様に車の査定をお願いする事を相見積もりと呼んでいます。


「相見積もり」を依頼する長所と言えば、査定士同士の価格競争によって査定額の引き上げを狙えることです。

中古車買取会社の中には相見積もりを快く思わないところもあるのですが、相見積もりを快諾してくれる業者は車を購入したいという意欲が高いところがほとんどで、価格競争が激しくなると思って構わないでしょう。幾らかでも高く車を売るためには有効な手段です。雨が降っている日や曇っている日の夕方などは、総じて車のアラが目立たないので本来の価値よりも高めの査定額になりやすいとする説があるのですが、見落としやすいからこそむしろ念入りにチェックする傾向もあります。
それに晴れだってメリットがないわけではありません。

洗車済みの車は晴天ではさらに美しく見えます。ちょっとした自然条件の違いではありますが、それぞれ短所もあれば長所もあるわけで、天候には頓着せず、好きなときに査定してもらうのが一番です。車を買い替えるときは、ディーラーに下取りに出す人が多いようです。下取りはすべておまかせですが、買取は査定に来てもらう手間があります。売るほうの気持ちの問題もありますが、年式なりの状態の良し悪しで、買取と下取り価格には大きな開きがあると思います。私は下取り価格が不満だったので、買取業者にも値段をつけてもらいました。

その結果、「下取り、安すぎ?!」というのが正直な感想でした。



業者の方が高いなんて。



買取代金は後日振込みでしたが、引取りの翌日には振り込まれていました。30万円以下なら現金払いもできるそうです。
ともあれそのお金でディーラーから車を購入しました。



下取りを断ったけれども悪い顔はされませんでしたよ。さすがにその時は、知らないと損をしているなあと思いました。

買取のお店に行く暇がなかったとしても、中古車の見積もり可能なWEBサイトはたくさん存在しています。


サイト上で算出した金額よりももっと詳しい価格は査定士が現実的にその車の状態を見積もってみないことには一台ずつの詳細な算定は不可能ですが、たくさんの買取業者の見積もりを同時に瞬時に知ることが可能ですから、自分の車が現時点でどの程度の資産価値があるのかが分かって大変参考になります。

それにもまして、相場とあまりにもかけ離れた値段を付けた買取業者を除き、それ以外を実際の売却店として考慮することが可能になるでしょう。「そろそろ車を買い替えたい」という時、今乗っている車をどうするかはよく考えたいところで、実際、下取りはディーラーに任せるよりも、買取業者を利用した方が、だいぶ金額的に得をするらしいということが、近頃では特に、よく知られるようになってきました。

お店に出向く手間をかけることなく、自宅、または出先であってもネットが利用できる環境があれば大体の査定額がわかるようになっています。そういった専門のサイトがあり、車査定サイトなどと呼ばれるものです。



メーカー、車種、車名、年式などといった基本的な項目を埋めていくだけで、数十秒から数分ほど後、相場に合った適正な回答があります。
車の買取業者から代金が振り込まれるのは、正式に売買契約をしてから早くて数日、遅くて1週間といったところです。担当者が査定に来て、その日のうちに契約を決めても、所有者側で用意する書類が足りなかったり、実印が見当たらないなんてことになれば、契約は不可能です。できるだけ早めに振り込んでほしい場合は、査定の前に、車を売ると決心した時点で手元の書類を整理し、普通乗用車なら印鑑証明もとっておくとスムースです。提出書類は普通乗用車と軽では違いますし、気をつけましょう。



一括査定会社のサイトごとに一度に申請することができる業者数は基準が違いますが、時間をかけないようにするためにも一度に複数の大手企業に査定してもらえるところがオススメです。
また一括査定で分かった査定額というのは、あくまでも基準でしかありません。売ってからやめておけばよかったと思わないためにも、実車査定とは相違がある可能性が高いことを知っておいてください。


主人と話し合った結果、家の車を1台買い取ってもらう事にしました。

とは言うものの、車を売るのも初めてでしたから、どういった売却方法がベストなのか分からないまま、ネットで探し、結局、自宅に近い業者に買取をお願いしました。
売却した車は、私の愛車だったネイビーカラーの軽自動車でいわゆる10年落ちでしたので、値段がつくのかどうか心配だったのですが、ランチを楽しめるくらいのお金が手に入ったので、良かったと思っています。