元々、住んでいるところは歴史

元々、住んでいるところは歴史ある港町です。窓からは広く海を見渡せて、暑い季節には気持ちのいい潮風が吹き、快適な暮らしなのですが、ひとつ惜しいのは、潮風で車がすぐに傷んでしまいます。昔住んでいた海から遠く離れたような場所では、車がボロボロと錆びてしまうなんてことはなかったように思います。今の愛車は車下取りに出してしまって、新しくきれいな車を手に入れたいです。自動車税というものは、車の所有車に対して一年分の請求が来ます。
そして毎年4月1日の時点での所有車に対してかかってきます。しかし、車売却の時には、払った税金の残りがプラスに査定されますから、一年分の税金を払って損したと言うことにはなりません。


しかしながら、自動車重量税に関しては廃車にでもしない限り還付されると言うことはないのです。

しかし、還付される決まりはなくても、支払い月数分の残りを上乗せして見積もってくれる場合もなきにしもあらずです。
自動車重量税に関しては買取業者と直接交渉してみると良いですね。

車の処分について悩んでいましたが、家族で相談した結果、2台所有していた自家用車のうち1台を手放すことにしました。とは言うものの、車を売るのも初めてでしたから、どこが高く売れる場所なのかよく分からないまま、インターネットで買取業者を検索し、結局、自宅に近い業者に買取をお願いしました。買取をお願いした車ですが、私がよく乗っていた紺色の軽自動車でいわゆる10年落ちでしたので、値段がつくのかどうか心配だったのですが、主人とランチ出来るくらいの金額になりましたから、思わぬ臨時収入で嬉しかったです。車を買取業者の査定に出したくなったら、まず買取業者は一社ではなく複数使って査定を受けるようにし、洗車と車内の掃除も行なっておき、査定に必要な書類は用意しておきます。それから、後になって変に話が拗れたりすると困るので、事故を起こして修理したことなどは率直に申し出ておきましょう。



もし査定額にどうしても納得できない場合はそこでの売却は断念し、次に行きましょう。
車買取業者を利用するときは、査定で気を遣うことはあるものの、提示された金額を了承すると、一括査定に名を連ねる買取業者であれば必要書類や今後の流れを丁寧に説明してくれて、売主が書類を渡せば「あとはよろしく」で面倒な手続きは必要ありません。用意するのは名義人の印鑑証明書と実印、車検証、自賠責保険書のほか、最新の納税証明書です。

自宅にあるものばかりで、あらためて取得するのは印鑑証明書だけです。



時々「納税証明書?見たことない」という人がいますが、車検時に出している自動車税の領収証(の半券が納税証明書のはず)です。

代金の支払い時ですが、最近は担当者に現金を持たせない会社も多いので、振込先の口座も用意しておけば万全です。



ローンの返済中ですが、車両が担保の役割を担っています。
ということは、ローンが残った車を売却する場合、所有権を得るために、残債を清算しなければなりません。

面倒そうに思えますが、殆どの買取業者みずからが売却時に買取額からローン分を立て替えて完済してくれますし、所有権を移動させる手続きも、業者がまとめて行ってくれますからそこまで手間がかかりません。
ご自身は、買取額とローン未払い分との差額によって業者が立て替えたローン分を払うのか、あるいは差額を受け取ることが出来るのか、どちらかになるでしょう。いずれにせよ簡単に手続きを済ますことが出来ます。いくつかの業者から見積もりを出すことを一般的に相見積もりを取るといいます。相見積もりを自宅などに居ながらにして出来るのが、ネットで行う無料中古車一括査定サイトなのです。

それ以外にも、相見積もりの意味はあって、一緒に同じ時刻にたくさんの査定スタッフに現実的に車を見積もってもらい、皆で一様に査定額を提示してもらうというケースもこれに相当します。


買取販売店の中には相見積もりをしたがらないところもありますが、受け付けている買取業者は多いことでしょう。


買取業者に車の査定を出すのは気軽なもので、費用は一切かかりません。

しかしカーディーラーに下取り査定を頼むときには、明細書に「査定費用」の項目があって驚いたという人も少なくありません。
中古屋の買取額とディーラーの下取額が同じであれば、査定手数料分だけ下取の方が損ということになります。


同じ「中古車」なので買い取りだろうと下取りだろうと似たようなものだと思っていると忘れがちなことですので、ディーラーが下取り査定をする以前に、査定は無償なのかそうでないかをいま一度はっきりさせておきましょう。仮に有料だったとしても、交渉によって下取額の増額や手数料の無償化も期待できるからです。
普通自動車でも軽自動車でも車を所持していると、使用していなくても維持費がかかってきます。
自動車税は毎年かかりますし、車検は二年に一度実施しなければいけませんし、さらには自動車保険代金も必要ですね。更にいうならば、持ち家でなかったとしたら、別に駐車場代金も必要になってくるのです。自動車を売ってしまおうかと考えている人は、多額の維持費を支払ってでも車を所有する必要性があるのかどうかという見方で考えてみれば、売却するべきかどうかに白黒つけやすいのではないでしょうか。

先日、結婚を機に、今まで乗っていた軽自動車を売って、次は大型車に買い換えました。軽自動車なんかは売っても、たいしたお金にはならないだろうと思っていたのですが、見積もりを聞いて驚きました。想像していたよりも大分返ってきた見積金額が高かったのです。買取業者いわく、軽は人気があるので、そのように良い値段で引き取ってくれるんだそうです。